トップ > お役立ちコラム > トラブルになる前に確認! 給湯器交換の目安...

トラブルになる前に確認! 給湯器交換の目安

トラブルになる前に確認! 給湯器交換の目安

給湯器の交換サイクルは10~15年と言われています。時には故障することもある給湯器ですが、メンテナンスによって故障を未然防止しつつ、交換時期を見定めることもできます。では、何を目安にして交換をすればよいのでしょう。ひとつひとつ、解説していきます。

あなたの家は大丈夫?給湯器交換の目安

日常生活の中で給湯器を気にかけることは、あまりないと思います。ただ、給湯器の寿命は10~15年程度と言われていて、計画的なメンテナンスをしていないと、忘れかけたころには故障が待っています。

不意の故障を未然に防ぐには「交換時期を意識しておく」のが一番の方法なのですが、給湯器交換の目安を知っている、と言う人はあまりいないと思います。そこで、ここからは給湯器の耐用年数やメンテナンス方法、交換時期の判断方法を紹介していきます。

交換の目安は? こんなトラブル、出ていませんか?

早速、給湯器を交換すべきかどうか、その見分け方を書いていくのですが、その前に給湯器の耐用年数を確認しておきましょう。

給湯器の耐用年数は10~15年

メーカーの取扱説明書などに明記されているわけではありませんが、給湯器の交換サイクルはおおよそ10年。長くても15年使ったら交換したいところです。

給湯器の中にある基盤や熱交換器といったパーツは、いわば消耗品ですので劣化は避けられません。劣化してしまえば給湯能力が落ち、水が温まらなくなってしまいます。「永遠に使い続ける」ということは無理なので、いつかは買い換えることになります。

10~15年が目安となる根拠のひとつとしては「部品の供給期限」があります。メーカーはその給湯器が製造終了すると、そこから10年間は部品供給の用意をしているのですが、その後の供給は保証されません。つまり「修理しようと思っても部品がないからできない」という状況になるわけです。

もちろん「きちんと使えているうちに買い替えるなんて、もったいない!」という方もいらっしゃいますし、その考え自体を否定するつもりはありません。ただ、そういう使い方をしていると「急に壊れて慌てることになる」可能性が否定できません。

目安のひとつとして、使用後10年たったら給湯器の交換を視野に入れる、というふうに覚えておきましょう。

こんな症状には要注意!

こんな症状には要注意!

  • 〇お湯の温度が安定しない
  • 〇熱いお湯が出ない
  • 〇本体から変な音がする
  • 〇追い焚きできない
  • 〇黒い煙が出てきた!

以上のような症状に思い当たるところがあれば要注意! 早めにセルフチェックするか、分からない場合や自信のない場合はプロを呼ぶようにしてください。

特に黒い煙が出ている場合は不完全燃焼している可能性があります。そのまま使い続ければガス中毒の危険もありますので、なるべく早く対応しましょう。

故障する前に、計画的なメンテナンスを!

先ほどの10年というのは、あくまでも目安であって使用方法などによっては長く使えることもあれば、それより前に壊れてしまうこともあります。

壊れて買い替え、壊れて買い替えでは費用がかかって仕方ありません。壊れる前に「壊さない使い方」をするのが一番ですよね。そのためには何が必要か。ずばり「メンテナンス」です。

こういう言い方をすると「えっ、給湯器ってメンテナンス必要なの?」と聞かれることがあります。はっきり言いましょう、必要です! パーツの集合体として組み上げられている機械ですから、使うたびに消耗している部分があるのは間違いありません。自動車と同じように、きちんとメンテナンスしてこそ安定した機能が使えるものなのです。

給湯器のメンテナンスポイント

給湯器の中を分解するのは危険なので、外側から見てチェックするようにしましょう。まずは、自分でできるポイントから紹介します。

  • 〇 機器や排気口のまわりに燃えやすいものを置いていないか確認
  • 〇 排気口や吸気口がホコリでふさがっていないか確認
  • 〇 ドレン配管の先端が埋もれていないか確認

もし上の状態に当てはまった場合には、それぞれ置かないように、ふさがないようにゴミや落ち葉などを取り除いてください。次に、プロを読んで対応すべきところを紹介します。

  • 〇排気口にススがついている
  • 〇外装に焼けたようなあとがある
  • 〇外装に穴あきがある
  • 〇運転中の危機から異常音が聞こえる
  • 〇本体や配管から水漏れがある

以上に該当した場合は、直ちに業者に連絡して確認してもらいましょう。

また、2009年4月以降に製造された屋外式ガス給湯器では、法律に準じた項目をチェックしてもらう「あんしん点検」を有償でしてもらうこともできます。費用は1万円程度で、1時間ほどで済む内容です。目安として、同じ給湯器を5年以上使用しているような場合にはこちらの点検がおススメです。

メーカー保証について

故障時に安心な保証制度。購入時についてくるメーカー保証の期間は、一般品で1年間、BL(better living)認定品であれば2年間となっています。それ以降の修理は基本的に有償。

ただし、メーカーは各社「保証延長サービス」をラインアップしています。リンナイであれば「あんしんの3年保証」に申し込むだけで保証期間が3年に。また、ノーリツは追加で保証料を支払うことで、最大10年まで期間を延長することができます。

不意の出費を防ぐという意味では、保証を延長しておくと安心ですね。ただし、通常使用以外(天災など)で発生した修理については保証されませんので、注意してください。

給湯器メンテナンスの注意点

最後に、上には書き込みきれなかった、給湯器を使用していく上での注意点を挙げておきます。

給湯器の交換・修理が最も混みあう季節…それが冬です。春~秋と比べて水温が低いので、同じ温度まで水を温めるため、給湯器には最も負荷がかかるためです。頑張りすぎて、壊れてしまうんですね。

冬に給湯器が壊れてしまうと、修理を依頼しようにも業者が同様案件で忙しく対応できなかったり、交換を依頼しようにも在庫がなかったり…といったことになりがち。こんなときは「故障してはじめて、給湯器のありがたさを知った」なんていう声も聞こえてきます。

そうならないためにも、できれば給湯器のメンテナンスは夏~秋まで、寒くなる前に終わらせること。その時に異常が見つかった際は、早めに交換あるいは修理を依頼するようにしてください!

まとめ

  • 〇 給湯器の交換は10年をひとつの目安に。
  • 〇 故障を未然に防止するために、メンテナンスを!
  • 〇 メンテナンスは毎年、冬になる前にするのがおススメ
  • 〇 保証延長サービスを上手に使いましょう

トップページへ戻る